‪Uga Shrine‬

تعليقات حول - ‪Uga Shrine‬, ‪Mitoyo‬

نبذة
المدة المقترحة
< ساعة واحدة
اقترح تعديلات لتحسين ما نعرضه.
تحسين هذا الإدراج
المنطقة
العنوان
أفضل الأماكن القريبة
المطاعم
222 على بُعد 5 كيلومترات
معالم الجذب
63 على بُعد 10 كيلومترات

3.0
تعليق
ممتاز
‪0‬
جيد جدًا
‪0‬
متوسط
‪1‬
سيئ
‪0‬
سيئ جدًا
‪0‬

たびネコ
طوكيو, اليابان7,197 مساهمة
بمفردك • سبتمبر 2018
‪国道11号から東へ400m程入った場所でこの場所だけこんもりとした鎮守の森となっています。昔は岡神社と呼ばれていた事もあったようですが、建立等の情報は判っていない様です。
表題にある通り、どぶろくの醸造が四国では唯一許可されている神社で造られた酒は毎年3月に伊勢神宮へ献納されています。
なんでどぶろく醸造に許可が必要なのか?というと税金問題が根底にあります。
元々、どぶろくは米を発酵させて比較的簡単に造れる為、農家等では普通に造っていましたが、明治時代に政府が税収を維持する為に酒に掛ける酒税を上げ、その代わりに酒造りの業者を保護する為に酒は許可を得た者しか醸造してはいけない、と定め自家製を禁止し業者が造った酒を買う(その際、政府に税収が入る)様に仕向けたものです。
つまり、勝手に酒を造ると酒税法違反となることになりました。
但し、神社等で神事としてどぶろくを用いていた所は神事で使用することを限定として許可されることとなり、四国ではここ宇賀神社だけが許可を得ました。
許可が有っても自由に造れるわけでは無く、販売等も禁じられ神事としての「どぶろく祭り」等で振る舞うことだけが許される形となります。
ここで振る舞われるどぶろくは奉納に対する返礼として神社が振る舞うもの・・・という面倒な解釈の元に酒税が掛からないような仕組みになっています。
因みに酒税ってどうなの?と云う点では、世界でも今も残っているのは先進国では日本くらいで、かつて税収を得る為に多くの国で導入されていた時期もあったようですが解除されています。
日本でも「どぶろく裁判」等があり、今のところまだ禁止となっていますが許可の申請が得やすくなったり、条件付きで例外の特区が設けられたりしている様です。‬
كُتب بتاريخ 20 أكتوبر 2018
يعبر هذا التعليق عن الرأي الشخصي لأحد أعضاء Tripadvisor ولا يعبر عن رأي شركة TripAdvisor LLC.
هل هناك أي شيء مفقود أو غير دقيق؟
اقترح تعديلات لتحسين ما نعرضه.
تحسين هذا الإدراج