‪Koishikawa Botanical Garden‬
‪09:00 ص - 04:30 م‬
الثلاثاء
09:00 ص - 04:30 م
الأربعاء
09:00 ص - 04:30 م
الخميس
09:00 ص - 04:30 م
الجمعة
09:00 ص - 04:30 م
السبت
09:00 ص - 04:30 م
الأحد
09:00 ص - 04:30 م
آراء الناس

اقترح تعديلات لتحسين ما نعرضه.
تحسين هذا الإدراج
المنطقة
العنوان
الجوار: إكه-بوكورو
تواصَل مباشرة

4.0
4.0 من 5 دوائر146 تعليق
ممتاز
‪39‬
جيد جدًا
‪83‬
متوسط
‪18‬
سيئ
‪4‬
سيئ جدًا
‪2‬

تمت ترجمة هذه التعليقات آليًا من لغتها الأصلية.
قد تحتوي هذه الخدمة على ترجمات تم تقديمها من خلال Google. وتخلي Google مسؤوليتها من جميع الضمانات، صريحةً كانت أم ضمنيةً، المتعلقة بالترجمات، بما في ذلك أي ضمانات تتعلق بالدقة والموثوقية، وكذلك أي ضمانات ضمنية تتعلق بقابلية التسويق والملاءمة لغرض معين والخلو من التزييف.

Purwitanto
‪Sengata‬, إندونيسيا
4.0 من 5 دوائر
زوجان • ‪ديسمبر 2022‬
‪After eating unagi lunch at Hashimoto, we wanted to take a walk at the Koishikawa botanical garden which is located in the Bunkyo area.
To get there we took a taxi from Hashimoto's unagi restaurant, because we were too lazy to look for the subway.
Actually, we came here because we were interested in photos on the internet, rows of Japanese maple trees forming a red canopy. But unfortunately when we arrived there, not all the leaves had changed color, there were still many green ones. But the park itself is quite calm and cool, not bad for walking around. There is an old ginkgo tree there. And there are trees with unique and interesting shapes.‬
كُتب بتاريخ 24 نوفمبر 2023
يعبر هذا التعليق عن الرأي الشخصي لأحد أعضاء Tripadvisor ولا يعبر عن رأي شركة Tripadvisor LLC. يجري Tripadvisor عمليات تحقق حول التعليقات.

junjun
طوكيو, اليابان
5.0 من 5 دوائر
‪يوليو 2023‬
‪文京区にある「小石川植物園」についての情報を発信していきます。「小石川植物園」を訪れたのは2023年7月21日です。「小石川植物園」へのアクセスは、都営地下鉄三田線「白山駅」のA1出口を出て、右方向に進みます。50mほど前方にある信号(表示名「白山下」)横断歩道を渡り、さらに50mほど進むと「白山通り」になります。横断歩道を渡り左手前方にある急勾配の「蓮華寺坂」を290mほど上ると突き当りになります。そこを右折するとすぐの所に「小石川植物園正門受付販売所」が左手にあります。足に自信のない方は、東京メトロ丸の内線の「茗荷谷駅」から歩くことをお薦めします。入園券は、「小石川植物園正門受付発売所」で購入します。以前は、正門前にあるコンビニの「米田商店」で購入したのを覚えています。そして、「小石川植物園正門受付発売所」の窓口には、地域猫が係の人と一緒にチケットを販売していました。地域猫の可愛らしい寝顔を見ると心が和みました。写真に収めてありますが、全然人見知りをしない猫でした。
最初に、「小石川植物園」の歴史と概要を紐解いてみると、「小石川植物園」は、「東京大学大学院理学系研究科」の「附属施設」で340年あまりの歴史がある日本でいちばん古い植物園です。正式名称は、「東京大学大学院理学系研究科附属植物園」と言います。「小石川植物園」の敷地は承応元年(1652年)に「館林藩下屋敷」が設けられたところで、「白山御殿」と呼ばれ、幼い藩主「松平徳松」の居邸でした。「松平徳松」が5代将軍「徳川綱吉」に即位後の貞享元年(1684年)に、徳川幕府が設けた「小石川御薬園」がこの植物園の前身です。享保7年12月(新暦1723年1月)には「施薬院(養生所)」が設けられ、享保20年(1735年)には「青木昆陽」によるサツマイモ(甘藷)の試作が行われました。明治維新後の明治10年(1877年)に、「東京大学」が設立された直後に附属植物園となり一般にも公開されてきました。「小石川植物園」は、日本の近代植物学発祥の地で、明治29年(1896年) には、「平瀬作五郎」がイチョウの精子を発見しました。また、「池野成一郎」がソテツの精子を発見し、海外でも日本の植物研究の成果が高く評価されました。現在は、特に東アジアの植物研究の世界的センターとして機能しています。「小石川植物園」は、平成24年(2012年)に国の「史跡および名勝」に指定されています。また、栃木県日光市には、明治35年(1902年)に設立された「日光分園」があります。ここでは、東京では栽培の難しい山地植物に関する研究・教育が行われております。「日光分園」も一般に公開されており、「日光植物園」の名前で親しまれています。なお、「日光分園」の公開期間は4月1日から11月30日であり、冬期は一般公開をしていません。
それでは、「小石川植物園」へ足を踏み入れたいと思います。「小石川植物園正門受付発売所」を入ると、すぐ左手に「精子発見のソテツ」があります。そして右手前方には、「柴田記念館」があります。「柴田記念館」は、「柴田桂太」が大正7年(1918年)に「フラヴォン族化合物の植物界に於ける分布及其生理学的意義に関する研究」に対して帝国学士院より恩賜賞を受け、大学に寄付した基金により「生理化学研究室」として大正8年(1919年)に建設された木造平屋建ての建物です。「柴田記念館」に向かって左方向に進むと、「メンデルのブドウ」と「ニュートンのリンゴ」の木が隣接して並んでいます。「メンデルのブドウ」は、第2代園長を務めた「三好學」が、大正2年(1913年)にチェコのブルノーに、「メンデル」が在職した修道院を訪ねたとき、旧実験園に残っていたブドウの分譲を申し出て、その翌年に同地から送られてきたものです。「ニュートンのリンゴ」は、昭和39年(1964年)に英国物理学研究所長「サザーランド」から日本学士院長「柴田雄次」に贈られた枝を接ぎ木したものです。そのそばに、「冷温室」と「公開温室」があります。これらの「温室」では、約1400種が栽培され、小笠原初頭の絶滅危惧植物も栽培されています。「公開温室」の隣には、「乾薬場跡」があります。今では、僅かに痕跡が残るのみになっています。「乾燥場」は約40坪(約132㎡)あり、何と女人禁制で、その周囲は竹矢来で厳重に囲われていたそうです。「乾薬場跡」の先には、「精子発見のイチョウ」があります。ひときわ目を引く大イチョウ(雌株)を研究材料として、明治29年(1896年)に、理学部植物学教室の助手であった「平瀬作五郎」が、種子植物にも精子が存在することを発見しました。「精子発見のイチョウ」から中央の散策路に行くと「旧養生所の井戸」、「甘藷試作跡」、「分類標本園」、「薬草保存園」があります。「旧養生所の井戸」は、「小石川養生所」の井戸で現在も残っており、水質が良く、水量も豊かで、大正12年(1923年)の関東大震災の時には避難者の飲料水としておおいに役立ったそうです。「甘藷試作跡」は、本草学者の「青木昆陽」がサツマイモの栽培を試みた場所です。「分類標本園」は、植物の分類体系を生きた植物で理解できるよう約500種類の植物が分類体系に従って配置してあるまさに、「生きた植物図鑑」です。「薬草保存園」は、約120種の薬用植物が栽培されています。そして奥に進むと「日本庭園」と「旧東京医学校本館」があります。「日本庭園」は、第5代将軍「徳川綱吉」の幼児の居邸であった「白山御殿」の庭園だったものです。池泉回遊式庭園の面影が残されています。「旧東京医学校本館」は、「国の重要文化財」に指定されているレンガ色の建物で「東京大学」の前身にあたる「東京医学校時代」の建物です。右周りでも左回りでも十分に「小石川植物園」を楽しむことができます。「小石川植物園」の見どころは、下記に取りまとめてありますのでご覧いただければ幸いです。

01_【一口メモ】
⑴ 所在地…〒112-0001 東京都文京区白山3丁目7番1号 電話:
⑵ 開園期間…1月4日~12月28日
⑶ 開園時間…9:00~16:30(但し入園は16:00まで) 
①温室-10:00~15:00 ②柴田記念館-10:30~16:00
⑷ 入園料…①大人(高校生以上)500円 ②子供150円

02_【アクセス】
⑴ 都営地下鉄三田線「白山駅」A1出口から徒歩9分650m
⑵ 東京メトロ丸の内線「茗荷谷駅」1番出口から徒歩13分1100m
⑶ 東京メトロ丸の内線「後楽園駅」4a出口から徒歩17分1300m

03_【「小石川植物園」の見どころ】
⑴ 「精子発見のイチョウ」
「精子発見のイチョウ」は、「小石川植物園」の薬園保存園や分類標本園を通り過ぎたあたりのほぼ中央にあります。このひときわ目を引く大イチョウ(雌株)を研究材料として、明治29年(1896年)に、理学部植物学教室の助手であった「平瀬作五郎」が、種子植物にも精子が存在することを発見しました。「平瀬作五郎」が明治26年(1893年)に始めた「いてふの受胎期及胚の発生に関する研究」は、それからわずか3年を経た明治29年(1896年)に実を結びます。学問を西洋から輸入していた当時、世界的に認められる日本の研究実績として貴重なもので、日本の初期の生物学者による世界的な発見で、生物学史上の偉業とされています。昭和31年(1956年)にこの木の下に「精子発見60周年記念碑」が建立されました。この木の樹齢は年輪抽出により約300歳と推定され、幹回り4.9mの大木となっています。
⑵ 「ニュートンのリンゴ」
物理学者の「ニュートン」は、リンゴが木から落ちるのを見て「万有引力の法則」を発見しました。「ニュートン」の生家にあったリンゴの木は接ぎ木によって、イギリスだけでなく、アメリカ、ドイツ、スウェーデンなどの科学に関係ある施設に分譲されて育てられています。「小石川植物園」のリンゴ木は昭和39年(1964年)に英国物理学研究所長「サザーランド」から日本学士院長「柴田雄次」に贈られた枝を接ぎ木したものです。当初は、この枝は特有のウイルスである高接病ウイルスに感染していたので、「小石川植物園」で隔離栽培しウイルス治療を受けたあとの、昭和56年(1981年)に園内に植え出されました。病気や害虫のついた植物は国内の植物保護のため基本的に輸入が禁止されており,本来ならば焼却処分されることになっています。この「ニュートンのリンゴ」の木は、「科学の心を育てる記念樹」とも呼ばれています。ちなみに、「柴田雄次」は、「柴田記念館」を設立した「柴田桂太」の弟です。
⑶ 「メンデルのブドウ」
遺伝学の基礎を築いた「メンデル」が実験に用いた由緒あるブドウの分株で、「メンデルのブドウ」と呼ばれています。「メンデルのブドウ」は第2代園長を務めた「三好學」が、大正2年(1913年)にチェコのブルノーに、「メンデル」が在職した修道院を訪ねたとき、旧実験園に残っていたブドウの分譲を申し出て、その翌年に同地から送られてきたものです。この後、「メンデル記念館」のブドウは消滅したことがわかり、「小石川植物園」のブドウを里帰りさせて、現地にも同じブドウの株を復活させたそうです。ちなみに、オーストリアの植物学者「メンデル」はワインの原料となるブドウの品種を集め、チェコスロバキアの修道院の庭で研究栽培していました。これらのブドウの木は、「メンデル」がイタリア旅行でフローレンスから持ち帰ったものや、オーストリアのシュタイヤからのもの、あるいはモラビア地方在来のブドウなどが栽培されていたと言われています。
⑷ 「日本庭園」
「正門」を入って右側には「日本庭園」に向けて低地になっていて、池や流れ沿いに歩きやすい散策路が通っています。「日本庭園」は、第5代将軍「徳川綱吉」の幼児の居邸であった「白山御殿」の庭園だったものです。池泉回遊式庭園の面影が残されていて、造園家の名は不明ですが、「日本庭園」内には、大小たくさんの池があり、そこをなぞるように石畳の小径が通っています。自然の地形をたくみに利用しており、おとなしい石組みや地割りのなかにすぐれた技術がうかがわれ、江戸時代の代表的な庭園の一つであるといわれています。手前の「中島」には「切り石橋」が架かり、奥は「出島」となっています。「護岸石組」は高さを揃えた低い石を並べ、力強さはありませんが品の良さを感じさせてくれます。かつては「千川上水」から、この滝石組から池泉に水が流されていました。その一角には「梅園」があり、また、梅林の中央には「ハナショウブ園」があります。
⑸ 「旧東京医学校本館」
「小石川植物園」の「日本庭園」の片隅に「国の重要文化財」に指定されているレンガ色の建物の「旧東京医学校本館」があります。「旧東京医学校本館」は、「東京大学」の前身にあたる「東京医学校時代」の建物です。「東京大学」関係の現存する最古の建物で、明治9年(1876年)に建築されたものです。昭和44年(1969年)に本郷構内よりこの場所に移されました。現在は「総合研究博物館小石川分館」として利用され一般に公開されています。この和の雰囲気漂う「日本庭園」からみえるモダンな洋館は、明治初年の木造擬洋風建築特有の様相を残し、文明開花を彷彿とさせるようで明治時代にタイムスリップしたような雰囲気を味わうことができます。
ちなみに、建物の建築様式は、洋風の窓やベランダに瓦葺き、といったこのような建物は擬洋風建築と呼ばれ、明治初期に日本の各地に建てられましたが、この建物はそこに唐風(中国風)も加わり、その特色をよく表しています。工部省修繕局が手がけた現存する数少ない建造物としても、我が国大学発祥の由緒としても貴重です。これらの点が評価され、昭和45年(1970年)に、国の「重要文化財」に指定されました。
①入館時間…10:00-16:30  ②料金…無料 ③休館日…月、火、水曜日(祝日の場合は開館)、年末年始ほか
⑹ 「旧養生所の井戸」
「小石川養生所」は貧困者のための施療所でした。「赤ひげ先生」のモデルとして知られる町医者「小川笙船」の意見により、享保7年12月(新暦1723年1月)につくられ、明治維新の時に廃止されるまで続きました。この「小石川養生所」の井戸は現在も残っており、水質が良く、水量も豊かで、大正12年(1923年)の関東大震災の時には避難者の飲料水としておおいに役立ったそうです。ちなみに、「小川笙船」は、小石川伝通院前で町医者として働いていました。その中で、貧しい人々の医療体制が十分でないことを問題視し、8代将軍「徳川吉宗」が制度化した目安箱に以下のような直訴をしました。これによって、享保7年(1722年)、小石川御薬園の敷地内に病人40人収容可能な「小石川養生所」が完成しました。「小川笙船」の目安箱への投書から1年ほどでの完成となりました。
⑺ 「甘藷試作跡」
「甘藷試作跡」は、本草学者の「青木昆陽」がサツマイモの栽培を試みた場所です。当時は飢饉が多かったのですが、「青木昆陽」の実験によってサツマイモが全国に広がりました。「青木昆陽」は、甘藷先生とも呼ばれていました。「青木昆陽」は、江戸近郊でもサツマイモの栽培ができるならば、利益も大きく飢饉の時の食料作物としても役立つと考え、享保20年(173年5)に幕府に進言し許可を得て、この地で栽培を試みました。この試作は成功し、やがて全国的に甘藷が栽培されるきっかけとなりました。 大正10年(1921年)に、「青木昆陽」の業績をたたえ記念碑が建立されました。記念碑は、自然石に、「甘藷試作跡」と彫り込まれているようですが、経年劣化のためデコボコの自然石だけに読みづらく、わずかに、「甘藷試」まではかろうじて読めましたが、それ以降の「作跡」の文字は、読み取れませんでした。ちなみに、南町奉行「大岡越前守忠相」は享保19年(1734年)の本草学者「青木昆陽」の「蕃薯考」を幕府に上申したが、これを読んだ8代将軍「徳川吉宗」は、「青木昆陽」にサツマイモの試作栽培を行わせたという経緯があります。
⑻ 「柴田記念館」
「柴田記念館」は、理学部植物学教室の教授であった「柴田桂太」が大正7年(1918年)に「フラヴォン族化合物の植物界に於ける分布及其生理学的意義に関する研究」に対して帝国学士院より恩賜賞を受け、大学に寄付した基金により「生理化学研究室」として大正8年(1919年)に建設された木造平屋建ての建物です。設計は東京帝国大学営繕課が行いました。この建物は、「植物生理化学実験室」で、1934年(昭和9年)まで実験室として使用されていました。建物の左側には記念碑が立っています。
そして、「柴田記念館」では、「牧野富太郎と小石川植物園」の「ミニ企画展」が、2023.03.01から2023.11.26まで開催されています。「小石川植物園」の入園料はかかりますが、「ミニ企画展」の入場料は無料です。日本植物学の父と呼ばれる「牧野富太郎」が在籍した「東京大学植物学教室」は「小石川植物園」にありました。「ミニ企画展」の展示内容は、「小石川植物園」が所蔵する「牧野富太郎」関連資料の展示や、「牧野富太郎」と切磋琢磨し、共に日本の植物学の黎明期を創り上げた研究者らの功績も紹介していました。
⑼ 「乾薬場跡」
「乾薬場跡」は、今では、僅かに痕跡が残るのみになっています。薬園当時、朝廷や幕府に献上する薬草の「乾薬場」にあった「平石」(伊豆石)の一部が当時の位置に残されています。この「平石」は「石畳」と呼ばれ、この上に薬草を並べて乾燥させたそうです。「乾燥場」は約40坪(約132㎡)あり、女人禁制で、その周囲は竹矢来で厳重に囲われていたそうです。
⑽ 「大震火災記念石」
大正12年(1923年)の「関東大震災」では、多くの被災者3万人以上が「小石川植物園」に避難し、一部は内務省が園内に設けた22棟432室の急設救護所に590世帯の2,134人が居住する状態となりました。大正14年(1925年)1月に全員が退去しましたが、避難の記念として「大震火災記念石」が残されました。正面には、「大震災火災記念石」、背面には「大正13年9月1日建立 当園一か年居住者有志」と刻まれていました。
⑾ 「公開温室」
「小石川植物園」に温室ができたのは明治38年(1875年)のことです。老朽化のため令和元年(2019年)に再建されたガラス張りの「公開温室」は、外観だけで楽しくなってしまうほどスタイリッシュな出立ちです。中には小笠原諸島の絶滅危惧種の植物や、日本では見ることのできない様々な木々を見ることができます。「公開温室」では、熱帯・亜熱帯地域に生育する植物を中心に約2,000種を地域や生育環境で6室に分けて展示しています。温室1では乾燥地帯の植物、温室2では世界の有用植物、温室3ではシンボルツリー、温室4では琉球列島や台湾などの東アジアの植物、温室5では小笠原の植物、温室6ではラン科植物を中心に展示しています。特に、見どころは、小笠原諸島固有の植物です。「小笠原諸島」には、本土では見られない約140の固有種が自生しています。そのうち約90種が絶滅に瀕しているといわれています。新しい温室には小笠原諸島の植物を集めた部屋があります。
⑿ 「冷温室」
冷温室では、高山植物や冷涼な環境に生育する冷温帯の植物を中心に約400種展示しています。また、今まで夏の暑さで栽培しづらく展示できなかった植物も「冷温室」にて展示しています。
⒀ 「分類標本園」
生きた植物をみて、植物の分類体系を学べるように、東アジアに分布する種を中心に、約500種の代表的な植物が、ほぼドイツの植物分類者「エングラー」の分類体系に従って植えられています。売店側から「シダ植物」、「双子葉植物」、「単子葉植物」の配置となっています。
⒁ 「薬草保存園」
「小石川植物園」は、もとは徳川幕府の薬園でした。そのため、園内には「サネブトナツメ」、「カリン」、「サンシュユ」など薬用に用いられた樹木が残っています。「薬用植物園」では往事を記念して、当時ここで栽培されていた約120種の薬用植物を栽培しています。‬
كُتب بتاريخ 22 يوليو 2023
يعبر هذا التعليق عن الرأي الشخصي لأحد أعضاء Tripadvisor ولا يعبر عن رأي شركة Tripadvisor LLC. يجري Tripadvisor عمليات تحقق حول التعليقات.

v35p_trip
سابورو, اليابان
4.0 من 5 دوائر
بمفردك • ‪سبتمبر 2022‬
‪こちらは、都営三田線(千石駅)と丸の内線(茗荷谷駅)のほば真ん中にあります。
入り口でワンコインを支払い入場します。
園内は南北方向には坂となっており、東西方向はフラットですが約700mくらいあり広く雨上がりにはぬかるむ場所があり、東京にいることを忘れます。
見所もたくさんあり、一日中のどかな緑の中で過ごすことが出来ます‬
كُتب بتاريخ 3 سبتمبر 2022
يعبر هذا التعليق عن الرأي الشخصي لأحد أعضاء Tripadvisor ولا يعبر عن رأي شركة Tripadvisor LLC. يجري Tripadvisor عمليات تحقق حول التعليقات.

Keizo
‪Kawasaki‬, اليابان
3.0 من 5 دوائر
‪يناير 2022‬
‪It takes 15 minutes on foot from Myogadani Subway Station and you might need about one hour and half to go around. I visited on January 4th which is the very first opening day of a year.it has a Japanese garden too but basically this is a botanical garden to see may plants, flowers so the Japanese garden itself was not so elegant .
Off curse no flowers were seen now but maybe good depending on the season.‬
كُتب بتاريخ 4 يناير 2022
يعبر هذا التعليق عن الرأي الشخصي لأحد أعضاء Tripadvisor ولا يعبر عن رأي شركة Tripadvisor LLC. يجري Tripadvisor عمليات تحقق حول التعليقات.

たぬきおやじ
طوكيو, اليابان
4.0 من 5 دوائر
‪نوفمبر 2021‬
‪11月7日 妻と 初めて訪問、[温室]横にある《カエデ並木(添付 写真参照)》の紅葉は まだまだで 紅葉目的で訪問されるのであれば 訪問前に こちらに紅葉の様子を確認されることをお薦めします。一方で [東京大学大学院理学系研究科 附属植物園]を実感させてくれたのは [柴田記念館]と[温室]の間にある《ニュートンのリンゴ》と《メンデルのブドウ》の木です。又 記念撮影の背景としては [本館]の北側にある《ヒマラヤスギ(スギ科ではなく マツ科)添付 写真参照》は如何でしょうか? 私達は 植物に対する知識が十分持っていませんでしたが それでも 各植物に名札がつけてあり 今回の訪問で 植物への関心度が増えました。 [日本庭園]の西側にある《旧東京医学校本館(国重要文化財)》は 残念ながら 休館の案内が出ており 外観のみの鑑賞となります。とにかく こちらの園内は広いので 入口に設置されている《小石川植物園 案内図(A3サイズx 1枚) 添付 写真参照》は必携です、案内図があれば 地図内に番号が記載され 夫々の場所に番号表示があり 自分のいる場所や行きたい場所が一目瞭然なので。‬
كُتب بتاريخ 7 نوفمبر 2021
يعبر هذا التعليق عن الرأي الشخصي لأحد أعضاء Tripadvisor ولا يعبر عن رأي شركة Tripadvisor LLC. يجري Tripadvisor عمليات تحقق حول التعليقات.

4.0 من 5 دوائر
‪يناير 2021‬
‪冬天冷又下雨,60分钟足够来回。去到新修好的温室里还是很开心,非常多种类兰花。植物园历史悠久地形错落,水生陆生植物种类齐全。如果季节正好,樱花,红叶,隐形都应该是很美。疫情原因博物馆也临时休馆了,下次再来看。‬
كُتب بتاريخ 23 يناير 2021
يعبر هذا التعليق عن الرأي الشخصي لأحد أعضاء Tripadvisor ولا يعبر عن رأي شركة Tripadvisor LLC. يجري Tripadvisor عمليات تحقق حول التعليقات.

1.0 من 5 دوائر
رجال الأعمال • ‪ديسمبر 2020‬
‪仕事で障害者と来館予定でした。インターネットや入場口の料金説明に障害者割引の記載がない。受付の職員さんに聞いても冷たい態度。障害者手帳割引が使えないことを把握してなかったことはこちらも悪いかもしれなかったが、、、丁寧な説明がなくて残念だった。‬
كُتب بتاريخ 8 ديسمبر 2020
يعبر هذا التعليق عن الرأي الشخصي لأحد أعضاء Tripadvisor ولا يعبر عن رأي شركة Tripadvisor LLC. يجري Tripadvisor عمليات تحقق حول التعليقات.

hfot2 🌸🍁🌸
‪Vermont‬
4.0 من 5 دوائر
‪ديسمبر 2019‬
‪With its many species, labeled and explained, this is truly a research and educational garden. In fact, it is the Tokyo University Graduate School of Science Botanical Garden. It was begun in 1684 by the Tokugawa Shogunate as the Koishikawa Medicinal Herb Garden.  

There was a laminated English map at the entrance booth, but we were only given a map in Japanese - there were no available English maps for visitors.  We used the Japanese map to get around.  The woman at the ticket booth marked our map for the momiji area and the Japanese garden, but we knew where to look having visited here previously for sakura.  The momiji tunnel was indeed beautiful. We noticed on the English map mention of a "Sweet Potato Monument” so we penciled it into our Japanese map and made sure we found it to photograph it (Not very exciting, but how often do you get to see a Sweet Potato Monument?) 

The grounds are large enough that even though there were many other visitors we did not feel that it was overly crowded.  We did have to wait at times for people to move so that we could photograph just the garden. The birders standing still with their long lens cameras, the young couples and families out for a day, and the painting class students sitting in prime spots around the lower pond, all ended up in some of our photos as did the signs, marking significant trees and plants.

The garden proved to be a good place to visit for koyo, as it had previously been for sakura.    

Visitor tips:
Be prepared for a long walk through a residential area to the garden from the station.
The grounds are quite extensive so plan on spending a long time there.
From the upper garden to the lower pond and Japanese garden requires walking a path down a steep slope. You can also walk down the hill under the trees off the path - this is a shorter and more direct route, but requires attention to your footing.
Do not confuse the Koishikawa Botanical Garden with Koishikawa Korakuen near the Tokyo Dome.
¥400 entrance fee when were there, but it now appears to be ¥500‬
كُتب بتاريخ 25 نوفمبر 2020
يعبر هذا التعليق عن الرأي الشخصي لأحد أعضاء Tripadvisor ولا يعبر عن رأي شركة Tripadvisor LLC. يجري Tripadvisor عمليات تحقق حول التعليقات.

たじじ
كوتو, اليابان
4.0 من 5 دوائر
الأصدقاء • ‪أكتوبر 2020‬
‪彼岸花の隠れた名所だと聞いて訪れてみました。
入り口近くに彼岸花の群生地がありましたが10月上旬だとちょっと時期が遅かったようで色も少しくすんでいました。
本館の近くにはまだ綺麗に咲いている彼岸花があり、白い彼岸花も植えられていました。
園内はとても東京とは思えないような森林で、奥の方に行くと鬱蒼としています。
日本庭園のあたりには芝生が整備されており、くつろいでいる親子連れが沢山いました。
桜や梅、紅葉の木もあり、季節ごとにお花見や紅葉が楽しめそうです。
كُتب بتاريخ 4 أكتوبر 2020
يعبر هذا التعليق عن الرأي الشخصي لأحد أعضاء Tripadvisor ولا يعبر عن رأي شركة Tripadvisor LLC. يجري Tripadvisor عمليات تحقق حول التعليقات.

Pascal&Pastel
‪Oyama‬, اليابان
4.0 من 5 دوائر
‪نوفمبر 2019‬
‪【高評価したい点】
・約16万㎡の広大な植物園。四季を通して様々な植物を鑑賞することができる。
・子供たちの遊び場の姿ともなっており、近所の幼稚園児が遊びに来ていました。
・日によってですが、植物園でできた果実をプレゼントしていることも有。(私はカリンをもらいました。)
・入場料は大人1人400円。半日いても飽きないくらいでこの値段は高CPだと考える。
【低評価したい点】
・無し‬
كُتب بتاريخ 9 يناير 2020
يعبر هذا التعليق عن الرأي الشخصي لأحد أعضاء Tripadvisor ولا يعبر عن رأي شركة Tripadvisor LLC. يجري Tripadvisor عمليات تحقق حول التعليقات.

عرض نتائج 1-10 من أصل 146
هل هذا إدراج منشأتك على Tripadvisor؟
هل تمتلك أو تدير هذه المنشأة؟ اطلب إدراجك مجانًا للرد على التعليقات وتحديث ملفك التعريفي والمزيد.
اطلب إدراجك

تعليقات حول ‪Koishikawa Botanical Garden‬ - بونكيو, اليابان - Tripadvisor

كل فنادق بونكيوعروض فندقية في بونكيوفنادق اللحظة الأخيرة بونكيو
جميع الأنشطة التي يمكن ممارستها في بونكيو
مدن ملاهٍ في بونكيومسرح وحفلات في بونكيو
مطاعمرحلات الطيرانقصص عن السفرالرحلات البحريةسيارات للإيجار