‪Kofuso‬

تعليقات حول - ‪Kofuso‬, ‪Yugawara-machi‬

نبذة
المدة المقترحة
< ساعة واحدة
اقترح تعديلات لتحسين ما نعرضه.
تحسين هذا الإدراج
المنطقة
العنوان

4.0
8 تعليقات
ممتاز
‪2‬
جيد جدًا
‪4‬
متوسط
‪2‬
سيئ
‪0‬
سيئ جدًا
‪0‬

Toyotamakita
1,227 مساهمة
زوجان • أغسطس 2019
‪伊藤屋の19番の部屋に宿泊後に訪問。どちらも湯河原で起こった2・26事件の舞台であり、ボランティアの方の熱心な説明のおかげで、大きな歴史の転換期を痛感した。‬
كُتب بتاريخ 26 أغسطس 2019
يعبر هذا التعليق عن الرأي الشخصي لأحد أعضاء Tripadvisor ولا يعبر عن رأي شركة TripAdvisor LLC.

タメコ
طوكيو, اليابان132 مساهمة
زوجان • يوليو 2019
‪2.26事件のアナザーストーリーがわかる場所です。施設利用は無料です。シルバーボランティアの方ガイドも無料です。但し高齢なので同じ話が3ループぐらいします。ここはご愛嬌。麻生太郎のお母さんが被害者である貴重なお話を聞けました。寄付として2人で500円、箱にいれましたよ。‬
كُتب بتاريخ 14 يوليو 2019
يعبر هذا التعليق عن الرأي الشخصي لأحد أعضاء Tripadvisor ولا يعبر عن رأي شركة TripAdvisor LLC.

KirstiNorge
يوكوهاما, اليابان4,157 مساهمة
زوجان • فبراير 2019
‪この日の最大の収穫は、梅でもなく、食事でもなく、温泉でもなく、無料宿泊券でもなく、二二六事件の現場に行けたことである。
私は旅の醍醐味は新たな発見だと思う。発見を喜びと感ずるにはそのことに対してある程度の知識と関心が必須かと思う。今回の二二六事件に関する知識は松本清張著「昭和史発掘」に読んでいたことに依る。同行した妻は昭和史には関心がない。理由は、日本史は大学受験科目ではなく、授業でも、学期末には時間が足りなくなり、昭和史を教えられることなく、日本史の授業が終了した。ところが、妻は「妻達の二二六事件」を読んでおり、かつ妻の小学校の級友には二二六事件の首相と秘書官の直系親族がいた。この結果、予定では夫婦そろって滝を見に行くところ、湯河原二二六事件の現場に行くこととなった。
帰宅してから、
映画「226」も再度見てみた。
松本清張著「昭和史発掘」
湯河原組の行動について、上記の両者を比較するといくつかの相違点がある。
二台の車(ハイヤー)に同乗して、河野隊(河野航空大尉以下湯河原襲撃組)は小田原、根府川、海岸道を経由して、午前四時すぎには湯河原温泉地に到着した。(映画では2台の車が海岸道を走り、湯河原の入口で下車している。)
入口で伊藤屋に2泊(伊藤屋の二階、現存する。橋の反対側に別館がよく見える。)した渋川善助(民間人)と河野自身(航空大尉)の内偵により、伊藤屋別邸光風荘の見取り図が作成されており、これを下に役割分担を再確認する。
東京の部隊が襲撃を開始する時間は午前5時である。河野隊も午前5時に襲撃の予定である。河野隊は少し早く着いたため、湯河原を徐行し、藤田屋前あたりでUターンし、伊藤屋の前に車を止める。
橋を渡り、伊藤屋別荘光風荘に至る。映画では現在とほぼ同一の光風荘の姿がある。光風荘との名称は松本清張著「昭和史発掘」では全く出てきてないが、映画226では別荘には光風荘との表示がある。
玄関は閉まっていたので通用門を蹴破って邸内に侵入した。勝手口より河野大尉他が光風荘内に入る。映画では玄関口から入ったこととなっている。
映画では、玄関口をどんどんとたたく音に、護衛の皆川巡査は、玄関横の棚に拳銃を置き、河野大尉、宮田及び黒田が玄関に侵入する。直ちに、皆川巡査は拳銃をとり、河野大尉、宮田を射撃し、両名に重傷を負わせる。皆川巡査は河野大尉宮川の拳銃で撃たれ、その場で息絶える。
事実は映画と大きく異なるようである。
昭和史発掘に引用されている河野司「湯河原襲撃」によると
「早暁の電報の声に応じて、邸内の電燈がついた。勝手口に現れたのは宿直警官の皆川巡査であった。細目に開けた戸口から、異様な訪問者の姿を見て、スワと引き返そうとする暇を与えず、続いて踏み込んだ河野の手には拳銃が擬せられていた。」牧野の部屋に案内せよと河野に言われた皆川巡査は狭い廊下を先にたった。廊下を右に曲がれば牧野の居室と思われるのに、皆川は左に折れた。「最後の突き当りを、皆川巡査が曲がったかと見た瞬間、振り返りざま轟然、拳銃が皆川の直後につづいた河野の胸許に火を吐いた。距離二尺と離れていない。連続してさらに一発、二発、河野の後につづく宮田、宇治野の方へも・・・・・。いつの間にか皆川巡査の手に拳銃が皆川巡査の手に拳銃が隠されていたのだった。しかし撃たれた瞬間、アッと叫んだ河野の拳銃も、反射的に皆川巡査の腹部に唸りこんでいた。両人が倒れたのはほとんど同時であった。この間、一分にもにも満たない瞬間的の激突であったが、皆川巡査はそのままついに起きなかった。これに反し、河野はただちに起き上がって後ろに退った。暗い前方の廊下から、なお一、二発拳銃の音がつづいたようだった。皆川巡査の最後の抗争であったろう」
皆川巡査は放火された邸内で焼死体で発見される。
この後、映画では、用意された火炎瓶で別荘に放火する。
放火された伊藤屋別館の火事に最初にかけつけたのは元消防組の小頭、岩本亀三である。旅館を経営し、川向こうの火事を発見した。伊藤屋の隣には亀屋という旅館があり、先祖が亀三氏かもしれない。
亀三は消火のため、邸内に入り、石垣の塀と家の間のせまいところを伝って
山の斜面側に行ったところ、女装した牧野以下女中を発見し、塀を乗り越えて道路側に降ろした。牧野一行はさらにここから二キロ以上離れた広河原の方まで行った。
松本清張著「昭和史発掘」を一読することを推奨する。
この二二六事件で描かれているのは、孤独で無力な天皇でないかと思う。内閣の主要な人物を殺され、命令に従わない軍部の下では全く無力な天皇である。‬
كُتب بتاريخ 10 يوليو 2019
يعبر هذا التعليق عن الرأي الشخصي لأحد أعضاء Tripadvisor ولا يعبر عن رأي شركة TripAdvisor LLC.

タビスキ976
栃木県下都賀郡野木町114 مساهمة
زوجان • مايو 2019
‪昭和11年に発生した2.26事件は有名ですが東京以外で現場となったのがここ湯河原の光風荘です。大久保利通の次男の牧野伸顕がここ光風荘に逗留していましたが早朝襲われましたが何とか逃れたそうです。警備の巡査が亡くなりましたが牧野からの香典が展示されており確か3千円(当時としては相当な額)だったかな。命の恩人だもんね。牧野の孫である吉田茂の娘、今の麻生副総理の母である麻生和子もこの時光風荘を訪れていました。これらの資料がたくさん展示されています。‬
كُتب بتاريخ 5 يونيو 2019
يعبر هذا التعليق عن الرأي الشخصي لأحد أعضاء Tripadvisor ولا يعبر عن رأي شركة TripAdvisor LLC.

はかたもん
‪Nagoya‬, اليابان20,332 مساهمة
الأصدقاء • أبريل 2019
‪陸軍将校が起こしたクーデターで東京以外の場所が湯河原にあります。登場人物が、今の政界にもつながり、麻生太郎さんの文字の碑があります。麻生さんの母の吉田和子さんが現場に居合わせました。‬
كُتب بتاريخ 28 أبريل 2019
يعبر هذا التعليق عن الرأي الشخصي لأحد أعضاء Tripadvisor ولا يعبر عن رأي شركة TripAdvisor LLC.

たびたび
東京4,380 مساهمة
بمفردك • يناير 2018
‪湯河原の市街からこごめの湯に向かう坂の途中。
あの2.26事件の現場だということを示す石碑が建っていて、事件のあらましを伝えています。
事件では警護の巡査が亡くなったそうですが、やはり大事件。今でも生々しい思いがする場所です。‬
كُتب بتاريخ 22 يوليو 2018
يعبر هذا التعليق عن الرأي الشخصي لأحد أعضاء Tripadvisor ولا يعبر عن رأي شركة TripAdvisor LLC.

ヤスカム101
‪Kawasaki‬, اليابان5,266 مساهمة
العائلة • مارس 2018
‪昭和史に興味のある人にはお勧めです。歴史的な手紙を見ることができます。また、ガイドさんによりますが、展示物の説明も丁寧に行ってくれるので、本ではわからない歴史も知ることができます。
湯河原の駅から離れたこの場所で、2・26事件に関係する出来事が起こっていたと驚きを感じる場所です。
是非、昭和史に興味のある人は訪れてください。‬
كُتب بتاريخ 4 مارس 2018
يعبر هذا التعليق عن الرأي الشخصي لأحد أعضاء Tripadvisor ولا يعبر عن رأي شركة TripAdvisor LLC.

kanatec
‪Odawara‬, اليابان3,555 مساهمة
زوجان • سبتمبر 2016
‪2・26事件で、東京以外の唯一の現場となったのが光風荘だそうです。当時、静養のため滞在していた前内大臣の牧野伸顕伯爵が襲撃された場所です。こちらには 2・26事件に関わる幾つかの物品が展示されています。‬
كُتب بتاريخ 30 سبتمبر 2016
يعبر هذا التعليق عن الرأي الشخصي لأحد أعضاء Tripadvisor ولا يعبر عن رأي شركة TripAdvisor LLC.
هل هناك أي شيء مفقود أو غير دقيق؟
اقترح تعديلات لتحسين ما نعرضه.
تحسين هذا الإدراج