‪Arlbergsaal‬

تعليقات حول - ‪Arlbergsaal‬, ‪St. Anton am Arlberg‬

نبذة
المدة المقترحة
ساعتان - 3 ساعات
اقترح تعديلات لتحسين ما نعرضه.
تحسين هذا الإدراج
المنطقة
العنوان
أفضل الأماكن القريبة
المطاعم
80 على بُعد 5 كيلومترات
معالم الجذب
18 على بُعد 10 كيلومترات

3.5
تعليقين
ممتاز
‪0‬
جيد جدًا
‪1‬
متوسط
‪1‬
سيئ
‪0‬
سيئ جدًا
‪0‬

Otsuki Y
2,787 مساهمة
بمفردك •
‪昨夏 町でチローラーアーベント(チロルの夕べ)Tirolerabend のポスターを見かけ 気になっていましたが、今夏 訪れることができました。夏の期間 毎週火曜日の晩に ここアルルベルクザールArlbergsaal で Tirolerabend が行われます。ポスターを見かけたツーリストインフォメーションTourismusverband でチケットが買えるかどうか訊いたところ、取り扱っていないということで、 当日夜 会場で当日券を購入しました。チケットは事前にネットでも購入できるようです。多分ホテルでも予約できるのでしょう、会場の座席テーブルは 申込グループ単位でまとまっていました。

会場は ーー 前方に備え付けの舞台があり 本来は縦長ですが ーー このTirolerabend では 会場中央奥の壁側に仮設の舞台が設けられ、どのテーブルからも見やすいように 横長のレイアウトとなっていました。
ビールなどドリンク類は一杯無料です。ここに来る前に夕食と共にビールを飲んでしまいましたので、本当はコーヒーを飲みたかったのですが、温かい飲み物は無いと言われました。

このTirolerabendは ーー ハイーマートアーベント(故郷の夕べ)Heimatabend と呼ばれることもありますが ーー チロルの伝統的な歌と踊り そして木こりや鍛冶屋や粉屋など チロルの生活風景が 盛り込まれたショー仕立てになっています。歌は Zitherなどの楽器伴奏付きでヨーデルや民謡、踊りは 男女ペアの農民の踊りや 皮の半ズボンをたたく力強い男性達の踊りや 竹馬に乗ってものすごいスピードで舞台を駆け回る踊り、また木こりが本物の丸太を切って木屑が客席まで飛んで来たり、鍛冶屋が真っ暗な中鍛冶打ちをしたり…と、素朴な内容ですが ーー お隣の観客に 写真を撮るために時々立ち上がっては視界を塞がれたのを除けば ーー 楽しめました。

終了は22時近くでしたが、出演者には小さな子供達もいました。子供達がこんなに夜遅くまで起きていて大丈夫かしら、そもそも 条例的に大丈夫なのかしら と要らぬ心配をしてしまいました。‬
كُتب بتاريخ 7 نوفمبر 2018
يعبر هذا التعليق عن الرأي الشخصي لأحد أعضاء Tripadvisor ولا يعبر عن رأي شركة Tripadvisor LLC. يجري Tripadvisor عمليات تحقق حول التعليقات.

Otsuki Y
2,787 مساهمة
بمفردك •
‪12月、クリスマスコンサートに出かけました。小さな町ですので小雪の晩でも市内なら徒歩で行ける距離です。メインストリートのドルフ通りDorfstraßeを北方向へ進むと、ホテル・アルルベルクHotel Arlberg (Dorfstraße 90) のところの横道がアウヴェークAuwegです。道なりに進めばアルルベルクホールArlbergsaal に到着です。

その先に中学校Hauptschuleの建物がありますので、昼間は学校の講堂として使用されるのもしれませんが、ホワイエには コートを預けられるクロークと飲み物を飲めるバーカウンターもあり、コンサートを待つ人達で賑わっていました。
この晩は、同じチロル州、インスブルックの名門合唱団の客演クリスマスコンサート。アルプス地方のクリスマスの民謡や、オペレッタの中の有名な歌曲"チロルの薔薇" には、綺麗に飾られた舞台と相まって"特別感"がありました。

チケットは、当日夕方 街歩きのついでにツーリストインフォメーションTourismusverband に立ち寄ったところ、webにも出ていなかった良い席が前売料金で購入できました。このコンサートでは、会場での当日券はプラス2ユーロになるようでした。

昨夏この町を訪れた際に、"チロルの夕べTirolerabend" のポスターを見かけました。次回は曜日を調整して、郷土色豊かなこちらのイベントにも出かけてみたいです。‬
كُتب بتاريخ 27 يناير 2018
يعبر هذا التعليق عن الرأي الشخصي لأحد أعضاء Tripadvisor ولا يعبر عن رأي شركة Tripadvisor LLC. يجري Tripadvisor عمليات تحقق حول التعليقات.
هل هناك أي شيء مفقود أو غير دقيق؟
اقترح تعديلات لتحسين ما نعرضه.
تحسين هذا الإدراج